外壁塗料の種類

登録塗装店25,574店舗

外壁塗料の種類

外壁塗料の種類は非常に大まかに分類すると4種類に分けることができます。

アクリル塗料/期待耐久年数:5年

いちばん安価であり、新築住宅などでは指定がなければ、ほとんどがアクリル系の塗料が使用されています。ほこりなどを寄せ付けず美しい外観を維持してくれるが、難点は耐久性が弱く、クラックが生じやすいこと。他の塗料と比べると安価なので、色だけを変えたい場合はいいかもしれない。

ウレタン塗料/期待耐久年数:8~10年

アクリル系塗料の欠点を補うためにつくられた塗料で、アクリル系より塗膜が柔らかく仕上がり、下地の動きによく追随してくれる塗料です。コストと性能のバランスから、戸建住宅の塗料としていちばん勧められる塗料と言えるかもしれません。価格もそれほど高くなく、耐久性・耐候性も十分。つい最近まで外壁塗装の主流になっていた。

シリコン塗料/期待耐久年数:10~15年

価格性能で、じつはウレタン系とさほど変わらないことが多いですが、一般的にはウレタン系より汚れにくいと言えるでしょう。高性能で耐久性があることから、現在主流となっている塗料。親水性が高く汚れが付きにくいのも特徴。

フッ素塗料/期待耐久年数:15~20年

フッソ系塗料は、外壁より屋根材の塗料として採用されることが多い塗料。住宅の外装全体の耐久性を考えて塗装にこだわる場合でも、屋根をフッソ塗装とし外壁部はシリコン系で止めておくバランスでも十分ですが、予算に余裕があるなら外壁にフッソ系塗料を使用するのも決して悪いわけではないです。もちろん塗膜のもちはもちろんトップクラスとなります。実用性が高く耐久性がかなりよい。しかし、高コストであることが問題。

4つの塗料は、価格や耐久性に違いがあるので見積りの額も異なってきます。価格に比例するように耐久年数も変わってきます。そのため、多数の業者や種類別の見積もりをもらい比較検討することが望まれます。

塗料の溶剤と水性のタイプ

油性やシンナー系の溶剤タイプと水性タイプに分かれています。油性(溶剤)というと耐久性が水性よりも優れているのではないかと思う方も多いですが、用途や質感などによって使い分けされるのですが、種類によって耐久年数もかわってきます。例えば、金属やトタンなどでは油性でなければ定着しないというように、塗装する素材によって使い分けられます。結構いると思いますが、一概にはいえません。溶剤系塗料は臭いが気になるのですが、艶があり耐久性があります。しかし、最近では溶剤タイプのものに近い水性タイプもあります。コスト的には、水溶性の方が安価です。建物の立地状況や仕上がり具合・価格等によって選ばれることをお勧めします。これはプロの業者に任せるといいです。

1液タイプと2液タイプ

外壁塗料にも1液タイプと2液タイプがあります。

1液タイプ・・・すぐに塗ることができるので素人でも使い易いのがこのタイプ
2液タイプ・・・主剤と硬化剤を混ぜあわせて使うタイプ

どちらの塗料もシリコン系塗料やウレタン塗料・錆止め塗料などの種類があります。外壁等によって使い分けがされます。見た目や耐久性・価格などプロから見た推奨塗料もあるので見積りを取りながら選択していくとよいと思います。

「選んで・比べて・安くなる」国内最大級の塗装専門店のご紹介サイト リビロペイント

リビロペイントは屋根・外壁塗装の塗装専門店が探せる日本最大級の検索サイトです。全国の25,000店舗以上の塗装店の口コミ、価格、施工例、ブログをチェックして理想のお店を探す事ができます。さらに、業界初となる匿名塗装WEB見積書システムで、評判の良い塗装店を3ステップ入力のみで見積書をWEB上で受け取ることができます。また、塗装専門店に特化したサイトであるため、従来の元請けや下請けの中間マージンが発生しない塗装会社のみで比較検討することができます。リビロペイントは、「もっとベンリに、もっと楽しく」をモットーに外壁塗装工事を希望するお客様と塗装専門店のベストマッチングをサポート致します。
リビロペイントの「4つの特長」
  • 特長 1 全国の25,000店舗以上の塗装店情報を掲載!口コミ・施工例・ブログ等をチェックできる!
  • 特長 2 業界初の匿名塗装WEB見積りでマイページ上に塗装店から見積書が届く。
  • 特長 3 塗装のプロに匿名で相談ができる!質問・相談に全国の塗装店が答えるので安心。
  • 特長 4 リビロペイントを利用してご成約頂いた場合、お祝い金として最大5万円をキャッシュバック