神奈川県|マルミブログ

¥50,000
マイページからのご成約とご利用でリビロペイントから最大50,000円をキャッシュバックいたします
リビロペイントは、中間マージンがかからない塗装専門店を口コミ・価格で一括で比較できます。

株式会社マルミ美装工芸

4.67 28 33
キャッシュバック 塗装専門店
口コミを書く
お見積依頼する
気になるリストに追加
外壁塗装 シリコンハイクラス
合計 534,000
仮設足場等 140,000
外壁高圧洗浄 23,000
養生費 32,000
外壁塗装 340,000
清掃費 12,000
諸経費 21,000
特別お値引き -34,000
ご成約でリビロペイントから
キャッシュバック対応

株式会社マルミ美装工芸

4.67

マルミブログ

マルミ美装工芸の日々の業務や外壁塗装に関する豆知識などを公開します

【DIY】塗装業者に頼らず建物の美観維持

2022/07/16 22:21

カテゴリ: 塗装の知識

新築戸建てを購入し、気づけば築13年。下の子は大学へ進学し学費やらで出費は続く。

ご近所さんは続々と外壁の塗り替えをし、その都度担当の営業マンが「お宅もどうですか?お見積もりだけでも是非!」と熱心にアタックをしてくるが主人は家のことには無頓着…というよりリフォームの資金計画など立てていない。どうするつもりなのよと問い詰めても力の抜けた空返事。

 

こんなお悩みを抱えている方、神奈川県内だけでも1000人くらいはいそうだと思っているマルミ美装工芸の田里です。

今回は外壁塗装をしなくても建物の美観を維持、または取り戻す方法と、やってはいけないことを簡単にまとめてみましたので最後までご覧下さい。

 

 

【DIY】外壁塗装業者へ依頼せずに建物の美観を維持・取り戻す方法とNGなこと

  • 家庭用高圧洗浄機による洗浄
  • 外壁に接触している草木を減らす
  • 敷地内の荷物を整理し、雑然とした雰囲気を無くす
  • 駐車場の土間や玄関アプローチ、フェンスなどの清掃
  • おすすめしない、NGなこと
  • まとめ

 

 

家庭用高圧洗浄機による洗浄

ホームセンターなどでよく目にする家庭用高圧洗浄機による外壁の洗浄は一定の効果が見込めます。

隣家や車両への飛散によく注意しながら、届く範囲での洗浄をしましょう。

高所の洗浄を行う際は、生命保険の契約状況を確認の上、ご主人に任せましょう。

 

 

 

外壁に接触している草木を減らす

敷地内の雑草などは定期的に除草することをお勧めします。

雑草に接触している壁面には苔が付きやすいため、美観を損ないます。

 

 

敷地内の荷物を整理し、雑然とした雰囲気を無くす

敷地内の荷物が雑然としていると、外から見た際に建物全体の雰囲気まで無秩序な印象を抱かれてしまいます。

建物自体が多少汚れていても敷地内の荷物が綺麗に整頓されていると、全く違った印象になるでしょう。

 

駐車場の土間や玄関アプローチ、フェンスなどの清掃

家庭用高圧洗浄機をお持ちでない場合でも、ホースを使い駐車場の土間や玄関扉までの動線上をデッキブラシなどでゴシゴシし、外構フェンスを濡れタオルで拭く程度で多少綺麗な印象になります。

 

 

 

 

おすすめしない、NGなこと

部分的な壁面の塗装をしてしまうと、経年劣化以上に美観を損なう恐れがあります。

 

 

また、シーリング材の打設も慣れていないと難しいのであまりおすすめできません。

 

 

まとめ

洗浄や敷地内の整理をするだけで美観や雰囲気の維持はある程度可能です。

危険の伴わない範囲でやってみて下さい。

外壁塗装費用相場と業者により差が出る理由

2022/06/09 14:50

カテゴリ: 当店の考え、こだわり

こんにちはマルミ美装工芸の田里です。

今回は横浜市での外壁塗装工事費用の相場と、見積もりを出す業者によって大きく差が出る理由を簡単にまとめてみましたので是非最後までお読み下さい。

横浜外壁塗装相場

横浜市での外壁塗装費用の相場と、業者により差が出る理由 目次

  • 横浜市での外壁塗装費用相場
  • 費用の内訳は?
  • 横浜は全国的にみて競争の激しいエリア
  • 業者によって、同じ工事でも1.5倍~2倍の見積額!?その理由は
  • 騙されたくなければ必ず複数社の見積もりを
  • その他注意点
  • まとめ

 

横浜市での外壁塗装費用相場

外壁塗装プライス

85万円~110万円

(足場組み立て、高圧洗浄、シーリング打ち替え、屋根塗装、外壁塗装、ベランダ床面塗装、付帯部塗装、全て含む)

※平均的な坪数(30坪)で、マルミ美装工芸での成約金額、他社成約の場合知り得た成約金額の集計(ホームページからのお問い合わせや紹介サイト経由のお問い合わせ全て合算)

 

横浜市で30坪の建物での塗装工事は85万円〜110万円あたりが非常に多い金額です。もちろん建物の状況や追加で別件のリフォームも併せて、となると増減はありますが、塗装だけであれば大きく変わらないでしょう。

 

費用の内訳は?

外壁塗装見積もり内訳

足場組み立て・解体 650円〜800円/㎡ メッシュ込み
高圧洗浄 150円〜300円/㎡ 非塗装部も含む
シーリング打ち替え 600円〜800円/m 撤去・打ち替え
屋根塗装 2300円〜3000円/㎡ タスペーサー(縁切り)含む
外壁塗装 2300円〜3000円/㎡ 下地調整含む
付帯部塗装 500円〜900円/個所 雨樋・軒天井・破風板・鉄部など
ベランダ塗装 4000円〜5000円/㎡ 下地調整・トップコート塗装

 

 

 

横浜は全国的にみて競争の激しいエリア

外壁塗装横浜競争激化

全国的にみても横浜は塗装業者の数が多く、競争が激化しているエリアです。

複数社相見積もりは当然取るだろうと認識している業者が多いので金額面や提案内容などレベルの高い競争がされています。消費者としては有利なエリアとも考えられます。

 

 

 

業者によって、同じ工事でも1.5倍〜2倍の見積額!?その理由は?

見積もりの価格が出る理由

見積額の10%前後の違いは業者によっては出るでしょうが、1.5倍〜2倍の金額差が出ると、なかなか合理的な理由を見つけることは困難です。

塗料メーカーによる塗料の価格差や、シリコン、フッ素、無機系塗料などの塗料グレードによる金額差はもちろんありますが、同グレードで同一の施工内容であると、異常に高い業者には絶対に頼むべきではないでしょう。

「うちは丁寧な仕事をしているので強気な価格設定です」

丁寧で綺麗な仕事は横浜市内で商売を続ける上で最低限の条件です。その上で価格面でも競争をしながらなんとか生き残っている塗装業者がほとんどです。この言葉を聞いたら二流以下の業者と思って下さい。

「安いところは塗料を薄めたり、きちんと塗らない恐れがありますよ」

もちろんそのような考えも理解できますが、高いからそれらをきちんとこなしてくれるという根拠にはなりませんし、相場より大幅に高い見積額で施工を勧めることは不誠実とも思えます。

「今すぐ決めてくれるなら50万円お値引きします」

全体の額の数%程度のお値引きなら理解できますが、それっぽい理由をつけて大幅な値引きで契約を迫られた場合は危険信号です。他社さんへ相談して下さい。

 

 

騙されたくなければ必ず複数社の見積もりを

リフォーム詐欺

担当の営業に対して気まずいなどのお気遣いは全く不要です。是非複数社のお見積もりをご依頼下さい。

相見積もりを取り寄せることを隠す必要はありません。「他社比較しますのでこちらからまた連絡しますね」と伝えて下さい。我々はよく聞くフレーズです。

 

 

その他注意点

競争の激しい横浜エリアだからといって、まともな業者ばかりとは限りません。

「近くで工事をしている」と声を掛けられ不安を煽るような行為をする事業者が多いエリアでもあります。

訪問販売によるリフォームや外壁塗装の契約は絶対に避けましょう。

 

まとめ

  • 横浜エリアの外壁塗装費用の相場は85万円〜110万円
  • 見積もりの内訳も細かくチェックしましょう
  • 横浜は全国的にみて競争の激しいエリアだが、悪質な業者が多いのも事実

 

 

横浜にお住まいの方で外壁塗装をご検討されている方、参考にして下されば幸いです。

マルミの無料の現地調査をご活用下さい♪

「火災保険で外壁塗装」は本当にできるのか

2022/05/03 20:59

カテゴリ: 塗装の知識

こんにちは、マルミ美装工芸です。

ここ最近「火災保険を活用したリフォーム」の認知度が上がっており、外壁塗装業界内でも無視できない存在となっています。今回は火災保険の申請に関するあれこれをまとめてみました。

 

火災保険申請あれこれ目次

  • 火事以外にも支払われる?自然災害における火災保険の請求
  • SNSなどで散見する情報の真偽は?
  • どのような業者が火災保険の申請を行なっているのか
  • 自然災害にあってから火災保険申請までの流れ
  • 業者選びの際に注意するべきポイント
  • よくあるトラブル
  • 保険会社の対応
  • 鑑定人とは
  • 火災保険請求のタイミングや期限
  • 「火災保険で外壁塗装」は本当にできるのか
  • まとめ

 

 

 

火事以外にも支払われる?自然災害における火災保険の請求

みなさんがお住まいの建物に掛けられている火災保険、実は火事以外でも保険金の請求ができる場合があります。

まずこちらの画像をご覧下さい。

三井住友海上の火災保険の保障内容を一覧にしたものです。

どちらの契約を選んでも②風災 雹災 雪災が付いています。

この②がリフォームと相性が良く、今では多くのリフォーム業者が②による申請で得られた保険金をリフォーム資金に回しましょう、というセールスの手法を取り入れています。

 

 

こちらは東京海上日動火災の火災保険の保障範囲をイラストにしたものです。上の三井住友海上とほとんど同じ保障内容となります。

 

上記の通り、火災保険は火事以外でも支払われる場合がある、ということがわかりましたね。

それではネット上でよく見かける「火災保険申請で100万円以上GET」のような記事の真偽について考えてみたいと思います。

 

 

SNSなどで散見する情報の真偽は?

以下はTwitterにて「火災保険 申請」と調べると上位に表示されるツイートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、弊社のように外壁塗装業やリフォーム業を営んでいると、定期的にこのようなメッセージが届きます。

 

 

記載してあった電話番号へ連絡し、詳細を聞いてみました。

聞いた話をまとめると以下のようなビジネスモデルでした。

  • 塗装業者やリフォーム業者から顧客を紹介してもらい、火災保険の申請を行う
  • 支払われた保険金の33%を手数料として顧客へ請求し、紹介者へ3%の紹介料を支払う
  • リフォームや屋根工事などに関するリソースは無く、施工はできないとのこと
  • 申請した案件の保険金決裁率は99%とのこと
  • 保険金の67%は顧客の手にあるから、それを資金にリフォームの提案をすれば成約率高まるよ!らしい

 

Twitterで情報を集めてみた感想として、マルミ美装工芸の代表、田里が感じたことは以下の3点です。

  • 法人が直接プロモーションしていない(個人名やニックネームなどのユーザーが多い)
  • アフィリエイトやせどりなど、副業への意識の高いユーザーによるツイートが目立つ
  • とても魅力的な謳い文句…

なんだかとっても匂いますねぇ…

これらの情報のみでは実体が掴めないので次へ進みます。

どのような業者が火災保険の申請を行なっているのか

 

火災保険の申請に関係する業者は大きく次の三つに分類されます。

  • 火災保険申請を専門にした業者
  • 本業はリフォームや外壁塗装、屋根工事で、アップセル(売上向上)目的の副商材的な使い方をしている業者
  • 紹介ベースで収益を上げているブローカー

 

一つ目

  • 火災保険申請を専門にした業者
    実は私田里も以前株式会社イヅミ企画という会社を営んでおり、まさにこのタイプの商売をしておりました。実態としては大型台風や大型降雪直後に被害に遭った建物の保険申請とその修繕に特化したものです。が、ニッチ過ぎて売上が立ちませんでした。様々なシーンにおいて火災保険の申請に関わらせて頂き、とてもやりがいのある仕事ではありましたが現在は外壁塗装の専門業者として事業を営んでおります。
    しっかりとした倫理観を持ち合わせた企業であればこの「火災保険申請を専門にした業者」の存在価値は充分にあると思いますが、近年では申請のノウハウは簡単に入手することができるので、これを専門に、健全に事業を営むことは非常に難しいと思います。

二つ目

  • 本業はリフォームや外壁塗装、屋根工事で、アップセル目的の副商材的な使い方をしている業者
    これが現在一番多いタイプの業者だと考えられます。近年では火災保険の申請も専門性を欠き、建築業に携わる多くの人がその方法論を持っています。フランチャイズ展開している大手外壁塗装業者でも火災保険の申請を絡めた営業を行なっているようなので、専門業者の優位性は年々乏しくなっています。

三つ目

  • 紹介ベースで収益を上げているブローカー
    2022年4月現在で、火災保険申請に関する一番の悪はこのタイプだと思います。
    このタイプは友人、知人、SNSやセミナー、異業種交流会などで爆発的なスピードで人脈を広げ、火災保険の申請を勧めてきます。一つ目に紹介した専門業者とバックマージンの話がついており、一件あたり10万円から20万円の報酬を得ています。このタイプと繋がっている専門業者も法律遵守観は低めだと考えて間違いないでしょう。
    何が問題かと言うと、「火災保険で支払われた保険金は修繕に使わなくて良い」が決め台詞なところです。
    このタイプの人は支払われた保険金を分配することで家主が被る損害を全く考慮していません。
    台風被害や積雪被害に遭い、それの原状回復費用を保険会社から受け取ったにも拘らず修繕を行わなかった場合、以後同一箇所の保障が外れることも考えられます。とてもリスクの高いことなので慎重に判断する必要がありますが、この手のブローカーは保険金の分配前提で集客をするので注意が必要です。

 

自然災害に遭ってから火災保険申請までの流れ

大型台風や積雪、雹や落雷など、自然災害の被害に遭った場合はまず最初に保険会社へ電話しましょう。

  • 損保ジャパン 事故受付電話番号
    0120-256-110
  • 東京海上日動火災 事故受付電話番号
    0120-119-110
  • 三井住友海上 事故受付電話番号
    0120-258-189
  • あいおいニッセイ同和 事故受付電話番号
    0120-985-024
  • AIG損害保険 事故受付電話番号
    0120-019-016
  • セコム損害保険 事故受付電話番号
    0120-210-545
  • 日新火災海上 事故受付電話番号
    0120-257-474

その他共済などは「〇〇 火災保険 事故受付」と検索して下さい。

 

保険会社へ連絡後、保険会社より必要書類が送られてきますのでそちらにご記入、必要資料の添付後に返送という流れです。

1,損害箇所の写真

2,原状回復にかかる見積り書

3,保険金請求書

大まかにこの3点を返送すれば足ります。
不足や不明点などあれば担当者から直接電話があります。正直に答えましょう。

 

業者選びの際に注意するべきポイント

火災保険申請を専門にしている業者は、コンプライアンスに欠ける申請を行なったり、申請手数料を目的に事業を営んでいるケースが珍しくありません。

以下の点を確認して下さい。

  • 自分(家主)では自然災害の自覚がないのに、「台風のせいにすれば保険金が出る」などと説得してくる
  • 事故日の設定も積極的に行う(○月○日の台風で屋根が壊れたと保険会社へ伝えて下さい!など)
  • 調査時に手数料の割合が書かれている契約書にサインを迫られる
  • 原状回復工事をする場合は支払われた保険金の全額を払う必要がある
  • 原状回復工事をしない場合のリスクを説明しない(以後、申請箇所の保障が外れる旨)

上記のうち一つでも当てはまる場合は、その業者へ火災保険の申請を依頼するべきではありません。お気をつけ下さい。

 

逆に良い業者の特徴は

  • こちらから自然災害の自覚を伝えたところ、初めて対応してくれた
  • 経年劣化とも判断できる損害はその旨説明してくれた
  • 手数料などの取り決めは無く、「保険金出たらご用命お願いしますね」程度の関係性
  • 原状回復工事をする場合は実勢価格にあった金額で、もちろん相見積もりも問題無い、という姿勢

こういった業者が対応してくれるとトラブル無く、満足のいく結果になる可能性が高いですね。

 

 

よくあるトラブル

 

 

 

住宅の修理などに関するトラブルにご注意 日本損害保険協会

 

保険金で住宅修理ができると勧誘する事業者に注意! 独立行政法人国民生活センター

 

「火災保険で無料修理」の宣伝に要注意 トラブル急増中 日本経済新聞

 

 

保険会社の対応

 

ここまで見ると、火災保険の申請ってとても収益性があって、高単価な保険金がザクザク簡単に支払われてるようにも思えますが、申請業者が爆発的に増えた2016年あたりから保険会社の対応は変化しています。

損保ジャパン

共栄火災

住宅の修理に関するトラブルにご注意 三井住友海上

 

最近では火災保険の申請をするにあたり、業者との関係や事故発覚の経緯など細かくヒアリングされる傾向にあり、不審な申請は徹底的に調査するという姿勢が各保険会社からみられます。

際限なくお金が支払われる打ち出の小槌のイメージとは程遠い取扱いなのが現実です。

また、火災保険の申請を行うと高確率で「鑑定人」が建物の鑑定に訪れます。

 

 

鑑定人とは

 

保険会社より委託を受けて、申請の上がっている内容が妥当か、虚偽が無いかなどを調査する企業に勤めている人です。台風被害や積雪被害に遭われ、実際に損害が出て困っている場合は鑑定人が来ようと何ら問題ないと思いますが、申請業者に唆され、自覚の無い事故による保険金の請求を行なっている人からすると鑑定人が来るまでの間、気が気でないでしょう。

鑑定当日、鑑定人が1人と業者1~2人で現地へ来られ、申請した箇所の調査や家主へのヒアリングなどが始まります。聞かれたことには全て正直に話しましょう。

鑑定が終了すると、「後日保険会社から連絡あると思うのでそれまでお待ちください」と言われます。

その場で答えを言う鑑定人は極少数ですので、連絡を待ちましょう。

 

火災保険請求のタイミングや期限

事故が起きた日から3年を過ぎると時効となり、請求できません。

ただし、東日本大震災などの大型自然災害は各保険会社の判断により請求期限が延長されることもあります。

 

 

「火災保険で外壁塗装」は本当にできるのか

マルミ美装工芸の屋根塗装

 

結論から言うと、できます。

台風や積雪などで被害に遭われた箇所の現状回復費用として支払われた保険金を、「現状回復+外壁塗装」の資金として取り扱えば良いのです。

よく誤解されていることですが、「外壁塗装のお見積もり」を保険会社へ提出しても当然保険金は支払われません。突発的な損害・事故が起きた場合の保障ですので、経年劣化や損なわれた美観を取り戻す費用を保険会社へ請求できないのは当然ですね。

 

まとめ

今回は火災保険の申請に関することを簡単にまとめてみました。

現在では火災保険の申請に関するノウハウは簡単に知ることができますので、専門業者へ高い手数料を払わずご近所の工務店やリフォーム業者へご相談されるのが満足のいく結果への近道だと考えられます。くれぐれも虚偽の申請に加担しないでくださいね!

 

外壁塗装のツートンはダサいのか

2022/04/26 21:15

カテゴリ: 塗装の知識

こんにちは。マルミ美装工芸です。
インターネットで「外壁塗装」と検索すると、「ツートン ダサい」という予測されたキーワードが表示されたことはありませんか?

多くの方が気にしていることでしょうが、今回は外壁塗装におけるツートン仕様について。

 

 

 

 

マルミ美装工芸にてツートン塗装を行なったお宅

こちらは弊社で塗装工事をさせて頂いたお客様宅の写真です。

玄関扉の中央あたりの高さで水平方向に白い帯板が取り付けられているのが分かりますが、この帯板を境界に色分け(ツートン)にされる方が多いです。

帯板を境界にサイディング材のデザインも異なるので、ツートンにすることになんら違和感はありませんね。
お洒落な仕上がりにとてもご満足頂いておりました。

 

 

ツートン塗装をご希望されているお宅の工事前写真

こちらのお宅でもツートン塗装をご希望されていましたので、ご希望に沿うご提案をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

ツートン塗装を行なったお宅の外観写真

従来通りの箇所で色分けをし、お好みの色にて塗装を行いました。
ダサいどころか、シックでとても格好いいですね。

 

 

 

こちらの二件はこれから塗装を行うお客様宅ですが、やはり塗装前からツートンなのが分かりますね。

 

昨今の建物はそもそもツートンの状態で完成している場合が多いので、インターネット上の「ツートン ダサい」は気にする必要は無いかと思います。

 

 

マルミ美装工芸では追加費用など不要でツートン(二色分け)の対応が可能です。

お気軽にお問合せ下さい。

塗料はどれくらいで乾く?

2022/04/26 21:14

カテゴリ: 塗料のこと

こんにちは。マルミ美装工芸です。外壁塗装を行う上で重要なのが「塗り重ね乾燥時間」です。

今回は日本ペイントの主力製品における塗り重ね乾燥時間をまとめました。

 

 

下塗り:外壁用

塗料名気温塗り重ね乾燥時間
パーフェクトサーフ 23度 3時間以上
水性シリコンエポサーフ 4時間以上
水性パーフェクトシーラー 4時間以上
水性サーモアイウォール サーフ 4時間以上
水性サーモアイウォール シーラー 4時間以上

上塗り:外壁用

塗料名気温塗り重ね乾燥時間
ハナコレクション500コート 23度 3時間以上
オーデフレッシュSi100 Ⅲ 3時間以上
水性シリコンセラUV 3時間以上
パーフェクトトップ 3時間以上
Duflonファイン4Fセラミック 3時間以上
ピュアライドUVプロテクトクリヤー 4時間以上
水性サーモアイウォールSi 3時間以上

下塗り:屋根用

塗料名気温塗り重ね乾燥時間
ファインパーフェクトシーラー 23度 4時間以上
1液ベストシーラー 3時間以上
シリコンベスト強化シーラー 2時間以上

上塗り:屋根用

塗料名気温塗り重ね乾燥時間
パーフェクトクーラーベスト 23度 2時間以上
パーフェクトクーラーサーフ 16時間以上
サーモアイ4F 3時間以上
サーモアイSi 3時間以上
水性シリコンベストII 3時間以上
ファインシリコンベスト 3時間以上
ファインパーフェクトベスト 3時間以上
ファインルーフSi 3時間以上

 

メーカーの発表している塗り重ね乾燥時間はどちらも外気温23℃の場合が多いので、その日の外気温によって計算をし直す必要があります。

この塗り重ね乾燥時間を守らずに中塗り、上塗りの工程に進むと施工後に塗膜が膨らんでしまう不良が起きますので必ず守りましょう。



現在、この塗装店にお見積中の方、口コミ・評判をチェックしたい方、または塗装をご検討の方へ 『失敗しない塗装』をする為には『相見積り』を必ず取ることです。リビロペイントは、全国の塗装店を中立な立場でご紹介するサイトとして、『相見積り』をお奨め致しております。同じ条件で相見積りをすることで、評判の良いお店を、より適正な価格で安心して塗装を行うことができます。また、リビロペイントでは、業界初となる「会わず」に塗装店より見積書が届く、簡単・便利な機能「匿名WEB見積書り」をご推奨致しております。皆様に技術・価格共に満足できる塗装店とのご縁をサポート致します。