失敗しない色選び

登録塗装店25,572店舗

失敗しない色選び

外壁塗装でよくある失敗は、色選びです。「出来上がってみたら想像したイメージと違った!」 ということはよくあることです。思ったよりも色が明るかった、派手過ぎた、地味だった…… など、色選びでの失敗が目立ちます。
ここでは、そんな色選びの失敗が無いように基本からポイントまで説明していきます。
まず、色の見え方には様々な効果やトリックがあります。

1.面積効果

同じ色でも大きな面積と小さな面積とでは色の見え方が違ってきます。これを色の面積効果といいます。明るい色はより明るく、鮮やかに見えます。反対に暗い色は、より暗く感じられます。外壁塗装では淡彩色はワンランク濃い目の色を、濃色はワンランク薄めの色を選ぶのがポイントです。

2.膨張色・収縮色

暖色系の明るい色は実際よりも膨らんで見え、寒色系の暗い色は収縮して見えます。膨張、収縮の見え方に最も影響するのが明度であり、明るい色ほど膨張して見えやすくなちます。 外壁塗装において淡彩色は建物が大きく広がって見え、濃色は締まって小さめに見えるのはこのためです。

3.進出色・後退色

色によって、見かけの距離は変化します。暖色系の色・明るい色は、寒色系の色・暗い色よりも、進出して見えます。

また、こういったことにも注意していきましょう!

サンプル(見本)と実際の印象がちがう

サンプルでイイと思った色が実際家に塗ったら思った色と違ったなんて失敗があります。これは同じ色でも、小さい面積で見る色と大きい面積で見たときとでは違って見えるからです。明るい色は大きくなるとより明るく感じるので、思ったより暗い色にし、暗い色は大きい面積になるとより暗く感じるので、思ったより明るい色を選びます。なるべく大きい色見本で確認しましょう。

色の組み合わせ

1階と2階で色を変える場合にある失敗です。それぞれを見たときはよかったのに重ねてみると一方の色が違った色に感じることがあります。組み合わせで暗く感じたり明るくなり過ぎたりするので確認をしましょう。窓枠サッシの色や屋根の色でも印象が変わってきます。業者によってシミュレーションしてくれるところがあるので活用してみるといいでしょう。

太陽の光

色を選ぶとき蛍光灯の下で見た場合、太陽の光の下で見た場合でも見え方に違いが出てきます。家の正面に向けて見えた色が実際の色と一番近いので色を選ぶ環境も気にしてみて下さい。また、パソコンでの色はモニターによってかなり違いがあります。画面上だけの確認も失敗の原因になるのでパソコンだけでは決めないようにしましょう。

同じ塗料の家を見る

実際、同じ塗料を使った建物があるなら、ぜひ紹介してもらいましょう。コレが1番確実ですね。また、イメージに近い建物があれば業者に相談してみるといいでしょう。先ほどの注意で窓枠サッシなどの色の違いでも印象が変わってきます。

周辺環境との調和

街並みや自然環境と合っているか確認しましょう。思っていたよりも派手だったという失敗もあるので落ち着いた色を選ぶと周りとも馴染みます。

外壁の塗り替えはリフォームの中でも、家のイメージが大きく変わるもの。まるで新しい家のように大変身、生まれ変わらせることもできます。不安なので結局前と同じ色にしてしまった、という方も多いのですが、上手に色選びをすれば大丈夫! 不安が払拭されるまで、たくさんの家を見て回ったり、リフォーム業者に相談するなど、じっくり時間を掛けて家のイメージチェンジを楽しんでみてください。

「選んで・比べて・安くなる」国内最大級の塗装専門店のご紹介サイト リビロペイント

リビロペイントは屋根・外壁塗装の塗装専門店が探せる日本最大級の検索サイトです。全国の25,000店舗以上の塗装店の口コミ、価格、施工例、ブログをチェックして理想のお店を探す事ができます。さらに、業界初となる匿名塗装WEB見積書システムで、評判の良い塗装店を3ステップ入力のみで見積書をWEB上で受け取ることができます。また、塗装専門店に特化したサイトであるため、従来の元請けや下請けの中間マージンが発生しない塗装会社のみで比較検討することができます。リビロペイントは、「もっとベンリに、もっと楽しく」をモットーに外壁塗装工事を希望するお客様と塗装専門店のベストマッチングをサポート致します。
リビロペイントの「4つの特長」
  • 特長 1 全国の25,000店舗以上の塗装店情報を掲載!口コミ・施工例・ブログ等をチェックできる!
  • 特長 2 業界初の匿名塗装WEB見積りでマイページ上に塗装店から見積書が届く。
  • 特長 3 塗装のプロに匿名で相談ができる!質問・相談に全国の塗装店が答えるので安心。
  • 特長 4 リビロペイントを利用してご成約頂いた場合、お祝い金として最大5万円をキャッシュバック