今ならご成約特典

キャッシュバック

最大

50,000

見積もりご依頼

2024 02 29日まで
ログイン

外壁塗装のフッ素樹脂塗料の魅力に迫る!|リビロペイント

special feature
外装塗装の知っ得情報

屋根塗装・外壁塗装や相場費用、業者選び、色選びなどお客様が知っていると得する情報を記事にまとめました。

塗装専門家相談

注目の記事ランキング

外壁塗装のフッ素樹脂塗料の魅力に迫る!

必見!おすすめフッ素塗料

四季のある日本
「春」「夏」「秋」「冬」…それぞれ美しい自然の景色を楽しませてくれる 日本の四季
流れゆく季節を肌で感じながらその一瞬の風景と暮らしていく 
この先もずっと大切にしていきたい暮らしと住まい

大切なお住まいを守るためにかかせないメンテナンス。長持ちするメンテナンスで安心して暮らしたいものです。
さて、毎日家を守っている外壁・屋根。こちらのメンテナンスは高額な費用がかかるため何度もできる工事ではありません。
一度の塗装でしっかりと次のメンテナンスまで長持ちする耐久性のある塗料はないだろうか。
そのように思われている方におすすめしたいのが「フッ素塗料」。

非常に丈夫で機能が高く優れた耐久力と美しい光沢感が魅力で、六本木ヒルズや東京スカイツリーにも採用されたほどです。(他…横浜レインボーブリッジ・後楽園ホール・国立劇場など)
今回はフッ素塗料の特徴や注意点について詳しくご紹介します。

フッ素塗料の特徴

フッ素塗料は、主成分の合成樹脂がフッ素系である天然石を原料とした塗料です。

非常に丈夫で優れた耐久力と美しい光沢感が魅力のフッ素塗料。シリコン塗料や他の塗料と比較すると圧倒的に機能に差があるフッ素塗料は外壁や屋根の塗料としては、耐久性が高い高級塗料という位置づけにあります。
価格が他の塗料に比べて高いため家庭用としてはまだ一般的ではありませんが「いい塗料を使いたい」「塗り替える頻度を減らしたい」といった方々には選ばれています。
フッ素塗料は15~20年長持ちする高い耐久性をもっていることから、何度も塗装が難しいビルなど大きな建物にはフッ素塗料はよく使われています(六本木ヒルズ・東京スカイツリー・横浜レインボーブリッジ・後楽園ホール・国立劇場など)。

フッ素塗料メリット

◆耐用年数が外壁塗料の中で最長
フッ素塗料の最大のメリットは塗膜の寿命が長いという事です。
耐用年数が長い塗料は費用が高くなりますが、こまめなメンテナンスを行わなくて済みます。

これから先長い目でみると耐用年数が長い塗料を使うと、塗装工事の回数が減り、その都度かかってくる仮設費用代を節約できるので結果お得になります。
戸建て住宅の外壁塗装で一番人気のシリコン塗料の寿命は約7~15年です。フッ素塗料は約15~20年ほど長持ちしますのでこの差はかなり大きいです。

◆耐摩耗性・耐熱性・防カビ性、防藻性が抜群
耐熱性:紫外線等の熱から建物を守ってくれます。紫外線に強いことで外壁素材の劣化を防ぐ事に繋がります。
耐摩耗性:光沢の保持を高める事が出来ます。
防カビ性、防藻性:汚れがつきにくいです。しかしながら完全にカビや藻を防げるという訳ではありません。付着しても親水効果によりすぐに取り除く事が出来るので、カビや藻を発見したら即座に取り除く事をおすすめします。

フッ素の素晴らしさは、焦げないフライパンに加工されているフッ素加工などの一般家庭で使われているものでも証明していますので、塗料に詳しくない方でも理解しやすいと思います。こまめに手入れができない高層ビルや、耐久力が優れていることが必須条件である航空機器で積極的に取り入れられているほどフッ素塗料は屈強な塗料なのです。

◆親水性が高く、汚れが落ちやすい
親水性が高く、表面にホコリなどの汚れが付着しても雨に洗い流されて綺麗になる効果が期待できます。汚れがつきにくいため「低汚染性」と呼ばれることもあり、外壁塗装では汚れが目立つと言われている淡い色で塗装しても汚れにくく美観を保つことが可能です。

◆高級感のある外観になる
独特の美しい光沢感があり、ご自宅を高級感のある外観に仕上げます。

フッ素塗料デメリット

◆価格が高い
塗料の中でも価格が高いです。

◆ツヤを完全に抑えられない
フッ素塗料のつや消しは3分ツヤまでしか抑えられないものが多いです。

◆ひび割れしやすい
フッ素樹脂は他の塗料に比べると塗膜が硬い塗料です。家は地震や強風、車の振動などによって常に動いている状態です。建物が揺れるという事は、もちろん外壁材なども動いています。硬い塗膜の塗料は塗膜が揺れに追随できずに割れてしまいます。

フッ素塗料はこんな方におすすめ!

◆リフォームにかかるトータルコストを節約したい
フッ素塗料は高額な塗料なので、他の塗料を使用する場合と比べれば初期費用は高くなります。
しかしメンテナンスの周期が長いため、塗装補修のたびに必要となる足場代や仮設費用代などを節約することが可能です。
20年後、30年後と長期的なコストを考えれば、フッ素塗料を使用する方が費用の削減ができるでしょう。

◆信頼性のある塗料を使用したい
フッ素塗料は公共事業にも多く使われており耐用年数に対する信頼性が高いです。

◆メンテナンスの手間を省きたい
汚れや傷に強いため、フッ素塗料は他の塗料と比べてメンテナンスの手間が少ないです。また親水性・防カビ・防藻性があるため、外壁の汚れを洗い流す手間も減らせます。
定期的なメンテナンスが面倒…という方にはフッ素塗料は非常におすすめです。

◆光沢のある仕上がりがいい
フッ素塗料は汚れやカビに強く、光沢保持率も他の塗料に比べると高いため、外壁の綺麗さを長く維持できます。また、光沢のある仕上がりになるため、ピカピカの新築のようになり得ます。



フッ素塗料を使用する際のポイント

●予算に合わせて使用部位を考える
全ての塗装箇所にフッ素塗料を使用すると予算を超えてしまう可能性がありますので、予算に合わせて使用部位を考えましょう。例えば、経年で傷みやすい屋根材や軒天・雨樋などの付帯部分は耐久性・耐候性の優れているフッ素塗料の使用がおすすめです。
例えば劣化が比較的早い屋根はフッ素塗料、外壁塗装はシリコン系塗料というように部位ごとに塗料を使い分けることで次回のメンテナンス時期を合わせることも可能になります。依頼される業者に相談しながら最適な塗料を選びましょう。


●建物の寿命そのものを延ばせるわけではないことを理解しましょう
フッ素塗料には、建物の寿命そのものを延ばす機能はありません。数年以内に建て替えが必要な状態の悪い建物の場合はフッ素塗料はおすすめしません。


●依頼する業者はしっかり検討して決めましょう
フッ素塗料の性能を最大限に引き出すことが出来る高い技術と施工実績を持ち、保証面などアフターケアが充実している業者を選ぶことが大切です。

おススメフッ素塗料!






《ファイン4Fセラミック》(日本ペイント)

ファイン4Fセラミックは世界で初めて開発に成功した4フッ化フッ素樹脂を使用しています。従来の3フッ化フッ素樹脂塗料よりもはるかに高い耐久性、より高いレベルの親水性を示しており塗膜を親水化することで汚れが付着しにくくなるのと同時に、雨が降ったときに付着した汚れが雨水といっしょに流れ落ちやすくなります。ライフサイクルコストの低減や、長期美観維持のニーズに対する提案に最適な商品です。

《セラМフッ素》(関西ペイント)

耐候性が非常に優れているフッ素系の上塗。専用の中塗を使用することで最大の性能を発揮します。抜群の塗りやすさに加え仕上がり性(トマリ、肉持ち感)に優れています。塗料用シンナーで希釈可能であり臭気が少なく作業環境にもやさしい塗料です。

《クリーンマイルドフッソ》(エスケー化研)

セラミック複合の特殊技術で従来にない超低汚染を実現。溶剤形(強溶剤)塗料に比べて臭気が少なく、作業環境の改善に役立ちます。また旧塗膜の種類を問わず優れた密着性を示します。汚れの定着を抑制し雨水で汚れを流れ落とすセルフクリーニング機能で、長期にわたり美観を保ちます。

《ルッソペイムF》 (ペイントホームズ)

美しい塗装の理想形「超耐久性&超耐候性のスーパー塗料」。
国内最高クラスのフッ素樹脂と国内最高クラスの顔料による原料にこだわることで水性でありながら超耐久性と超耐候性を実現する次世代塗料となっています。
更に全国100店舗のスケールメリットにより低価格で提供することが可能となっています。
「フッ素樹脂塗料は高額」という塗料の常識を打ち破り、人にも環境にも優しい水性塗料で、抜群の耐久性&耐候性を併せ持つ最高級の塗料です。

《ホームガードフッ素セラ4》(ホームテック)

材質にフッ素を使用し、紫外線に対する耐性を強化したことで、これまでの塗料に比べ、圧倒的な耐久性を実現しました。従来に比べ、はるかに高い親水性(水濡れの高い状態)が、建物の美観を長時間保持することを可能にしました。最高品質のフッ素塗料が進化!!

《フレックスセイバーIO》(オンデックス)

超耐候性能を誇り、ローコストで施工可能
酸化チタンの分子の表面に保護層を生成することにより、劣化の原因となるラジカルの発生を抑制し、建物を保護します。また、従来の塗料より塗装工程が少なく、ローコスト化を実現しました。さらに、塗膜の柔軟性を高めひび割れしにくいため、美しさが持続します。

《ルミステージ》(AGCコーテック)
ルミフロンを使用したルミステージ。シリコン塗料と比べ約2倍の長持ちです。「大阪城」「美ら海水族館」「国立新美術館」などの塗装にも使用されています。

まとめ





外壁・屋根塗装は、一生に何度もは出来ない大きな買い物の一つです。フッ素塗料の最大のメリットは塗膜の寿命がダントツに長いという事です。長い目でみると塗装工事の回数が減り、メンテナンス費用代を節約できるのでお得になります。また、仕上がりも美しいので、屋根や外壁などの塗装用として優秀な塗料と言えます。しかし他の塗料に比べると金額が高いというデメリットがあるのも事実です。この先長いスパンで見て総合的なコストで選ぶのか、一回の施工単価を抑え定期的に塗り替えを選択するのかはそれぞれライフプランによって違ってきます。フッ素塗料を用いた塗装を依頼するには、高い技術力と豊富な実績がある塗装業者に依頼することも大切です。メリット・デメリットをしっかりと見極め、お住まいにとって最善の選択をされますよう少しでも今回の内容がお役に立てれば幸いです。

参考になった 5
最大50,000円キャッシュバック

見積もりご依頼 2024年229日まで

Review口コミ・お客様の声