外壁塗装 どこの業者に依頼する?|リビロペイント

¥50,000
マイページからのご成約とご利用でリビロペイントから最大50,000円をキャッシュバックいたします
リビロペイントは、中間マージンがかからない塗装専門店を口コミ・価格で一括で比較できます。
登録塗装店25,605店舗

外壁塗装 どこの業者に依頼する?

失敗しない業者選び!

永く安心して暮らしていくために定期的に行う家のメンテナンス。費用が高額になるため一生のうちに何度も出来る工事ではないので絶対に失敗したくない外壁塗装工事。
そこで大事なのは、どの業者に依頼するのか・・・?外壁塗装で業者選びはとても重要です。


大手の塗装業者や街の塗装屋さん、ハウスメーカーや工務店、リフォーム業者などたくさんの選択肢があります。
塗装専門業者というと「塗装」に特化した専門業者のような感じがします。また外壁以外にもリフォーム全般の知識がある大手メーカーは知名度の高さと安心感が魅力です。


塗装専門で行っている業者は、自社職人が直接工事を行う直接施工がほとんどです。
一方大手メーカーやリフォーム会社は下請けの業者に工事を依頼することが多いです。
では依頼をするならどの業者を選べば良いのでしょうか。

そもそも自社施工?下請け施工って?

自社施工とは・・・

自社で職人を抱えており、見積もりから施工完了まで一貫して1社で行います。塗料や施工のことなどに詳しく、連携を取って説明してくれるため対応がスムーズです。 また、直接施工を行うため余計なマージン(手数料)も発生しないので、大手メーカーなど下請けに依頼する業者に比べると費用は安い傾向にあります。


自社施工(直接施工)でも、塗装作業は自社で、足場設置や防水工事は外注するといったケースもあります。

下請け施工とは・・・

仕事を受注する営業マンと、実際に外壁塗装作業を行なう業者が違うケースを指します。 仕事を受けた業者が、それぞれの工程ごとに専門の下請け業者に依頼して施工することです。 大手ハウスメーカーの場合は職人を抱えていないことが多く施工を下請け業者に依頼しています。その場合、下請け業者との間に中間マージンが発生するため、工事金額が高くなる傾向にあります。

依頼できる業者

《大手メーカー(ハウスメーカー)》

大手業者とは、テレビCMなど広告も行い、知名度のある有名な業者のことを指します。
※家を施工してくれた大手ハウスメーカーさんも含まれます。 ハウスメーカーで、家を建てた場合、そのままメンテナンス(外壁塗装)も同じ業者に依頼するというケースが多いです。
大手メーカーは新築とリフォーム部門でそれぞれ分かれており、実際の工事は地元の工務店などに外注して施工する形となります。 塗装も下請け業者に依頼することになります。 料金はかなりの確率で高くなります。


◆メリット
実績の多さや安心感で選ぶなら大手ハウスメーカーです。
建築から携わっているので、外壁材などの特徴をしっかりと把握しており、適切な外壁塗装を行ってくれます。
施工職人の質も比較的高いのが特徴で、施工レベルはもちろん、施工中の態度(真面目さ、挨拶)も良い傾向にあります。
また、大手メーカーの施工管理は徹底しており、総合的に細かく「作業中・完了後」も厳しいチェックが入ります。
全国的に有名な大手ハウスメーカーですと、規模が大きい分資産も多く売り上げも大きいため、依頼した後すぐに倒産してしまうという心配は少ないと言えます。


◆デメリット
徹底した管理を行う為の人件費や過大な宣伝広告費がかかり、工事費用は高く設定されています。何より、下請けやさらに孫請けによる施工となり中間マージンが発生するため相場費用より高額になる傾向があります。
また現場によって下請け業者が変わるので、施工品質にバラツキがでることがあります。
更に営業担当者は、塗装の専門知識が乏しい傾向があり、下請け塗装店に聞いてからの施工ということも少なくありません。
下請け業者に塗装依頼することで、打合せで伝えていたことが、下請け業者まで伝わっていない伝達漏れが発生し、トラブルの原因にもなることもあります。

《塗装専門店》

塗装専門の会社は自社で職人を抱えている場合が多いです。
又は自社職人+協力会社と連携しているか、もしくは親方一人で運営しているような塗装の専門会社です。
塗装専門店は、自社職人+協力会社の形態が多く、協力会社との横のつながり、塗装原価がわかるため、協力会社施工でも安くできる傾向にあります。


(自社施工のメリット)
自社で職人を雇っているため、中間マージンがかからない。小回りがきくことが多い。


(自社施工のデメリット)
雇っている職人自体が技術、マナー、塗装知識が高いかどうかはわからない。


(協力会社施工のメリット)
塗装専門店と塗装専門店の横のつながりであるため、塗装価格を安く出来る傾向にある。
元請け塗装専門店は、多くの塗装協力会社の中から向き不向き工事や技術、知識、マナー等で職人を選定できるため高品質施工ができやすい。
ただし、上記メリットは、元請け塗装専門店の営業方針、考え方によって異なります。


◆メリット
なんといっても塗装の専門的な知識と経験の豊富さがメリットです。塗装工事に関する知識はもちろん、塗料など商品の知識も豊富なため、お客様の要望をダイレクトに伝えることができ、対応も早くなります。価格についても自社施工、または協力会社施工で通常の中間マージンが発生せず1番安くできる傾向にあります。
地元密着の塗装業者は、地域の気候などに詳しいため、地域にあった最適な塗料選び・塗装をしてくれます。


◆デメリット
常に現場に入っていることが多く、何か不具合があった場合に直ぐに対応できないことがあります。
また塗装専門店は、お客様との直接契約の経験が少ないこともあり、色選び提案、工事中の近隣配慮、報告、連絡、相談、品質保証やアフターフォローが苦手という会社もあるので注意が必要です。


地元の塗装業者といっても、様々なので良心的な優良業者を見つけるのはなかなか難しいというのが現状です。また、塗装工事店、塗装専門営業会社の中には、悪質な業者がいる事がありますので、「信頼できる塗装業者かどうか?」じっくり見極める必要があります。

《工務店》

工務店で家を建てた場合、外壁塗装もそのままその工務店に依頼する方も多いと思います。
新築工事からリフォーム工事まで幅広くリフォーム工事を依頼できます。
外壁塗装は塗装専門店へ依頼する場合が多いです。





◆メリット
建物全般、細かい改修工事の知識は、1番高い傾向にあります。
また幅広い建築施工に携わっており豊富な経験を持つ担当者が多いです。工務店本来の住宅にまつわる仕事も頼めるので、ほかに住宅のメンテナンスを頼みたい場合は、1つの窓口でほかのメンテナンスも依頼できるメリットがあります。


◆デメリット
基本的に、大工関係の工事は自社施工で行うこともありますが、他の塗装工事や板金工事などは外注に依頼していくため、中間マージンが発生してしまいます。そのため、中間マージン分の費用が割高となってきます。またハウスメーカーと同じく、塗装の専門ではないため、塗装専門知識や塗料知識に関しては塗装専門店と比べると乏しいと言えます。

《リフォーム会社》

リフォーム専門店とは塗装工事以外の外装・内装工事などリフォーム工事全般を行える業者です。
外装・内装ともに、トータル的にリフォーム工事を依頼できます。外壁塗装は個人塗装店へ依頼する形が多くなります。お住まい全体をデザイン重視よりにリニューアルしたいときにはリフォーム店がぴったりです。


◆メリット
外壁塗装以外にも、その他(屋根工事、水回り工事、内装工事、増改築工事、電気工事、外構エクステリアなど)幅広くリフォーム工事を行っており、全体的なデザイン込みのリフォームを行う場合にはおすすめです。
外壁塗装では、劣化状況によって外壁の張替えや補修を行った方が良いケースもあります。
補修が必要な場合、劣化状況に応じて幅広い提案をしてくれる点はリフォーム会社の強みと言えます。


◆デメリット
費用が割高となります。
リフォーム会社が直接工事することは少なく、塗装専門店などに外注する為、中間マージンが発生して費用が高くなるケースが多いです。

《ホームセンター》

最近では、ホームセンターでも外壁塗装を請け負っているところがあります。DIYで外壁塗装をしようと思い、ホームセンターへ道具を買いに行ったら、ホームセンターで外壁塗装のサービスがあるのでそのままお願いするケースです。

リフォーム会社や個人塗装店が加盟店登録しており、業者によって外注か直接の施工か分かれます。


◆メリット
ホームセンターという事で、身近な存在で「ネームバリュー」があって安心感があります。


◆デメリット
ホームセンターを通している分、費用が多少割高になってきます。また、建築知識や塗装知識は、1番低くなります。
また、下請け塗装相場金額を知らない傾向があるため、下請け塗装店の中間マージンが高くなる傾向があり費用が高額になります。もしくは、工事費用は安くはなるものの、その分作業を簡素化されてしまうということもなかにはあります。


自社施工でも下請け業者に依頼するでもそれぞれにメリットデメリットはあります。
ここでひとつ気をつけなければいけないのが、「自社施工!自社施工!」とアピールしているが実際には下請けに仕事を丸投げして手数料だけ取る…という業者も存在するという事です。手抜き工事をする悪質業者がいるのと同じように、このような不誠実な業者がいるというのも事実です。
また下請け業者に依頼することで自社施工より費用は高くなりやすいですが、下請け業者に依頼すること自体は決して悪いことではありません。

仕事を下請け業者に出すことと、工事を下請けに丸投げにすることでは意味が異なってきます。
下請け業者に依頼する大手メーカーの管理は一流で、とても厳しく点検チェックをしていきます。
職人も徹底管理されており、外壁塗装に関しては、手抜き等なく安心して任せられると思います。
施工技術の品質に一定の基準を満たしているかどうかはポイントとなります。

ただ、このように下請けに施工をまわす業者に工事を依頼するときには、万が一トラブルが起きたときのために責任の所在がどこにあるのかを確認しておかれると安心です。

逆に
安さで選ぶのであれば、塗装専門店がおすすめです。
自社施工(直接施工)や横のつながりの協力会社施工のため、費用を安く抑えられます。
また、塗装に関しての知識は深いので、適切な施工方法や塗料についての提案を受けることができます。
しかしながら、塗装専門店とうたっていても職人によってばらつきがあるので、質の低い工事をする業者に依頼してしまうリスクもあります。

まとめ

それぞれ業者によってメリットデメリットがありますので、一概に自社施工、下請け施工のどちらがよいのかは言えませんが、大きな違いは金額で、あくまでも高くなる傾向、安くできる傾向としか言えず、それぞれの会社の方針で価格と施工内容が決まります。

大切なのはご自身で外壁塗装に関する知識を身につけ、適正価格で高品質な外壁塗装をしてくれる業者を選ぶことです。その中で自社施工や下請け施工であるかどうかはあくまで選考の一つの要素としてとらえるくらいが良いかと思います。

自社施工の業者または下請けに仕事を出す業者、工事の品質はその業者それぞれの職人の技術や仕事に対する誠実な姿勢があるかによって変わってきます。
一つの業者で決めてしまわず、少しお手間ですがいくつか見積もりをとり業者を比較されて慎重に選ばれると一番信頼できる業者に出会えると思います。

十分ご納得されて安心した施工をしていただけたら幸いです。

参考になった 0
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
image
外壁塗装 どこの業者に依頼する?
記事を読む
image
悪徳業者が使う手口はコレ!
記事を読む
外壁塗装 シリコンハイクラス
合計 534,000
仮設足場等 140,000
外壁高圧洗浄 23,000
養生費 32,000
外壁塗装 340,000
清掃費 12,000
諸経費 21,000
特別お値引き -34,000