今ならご成約特典

キャッシュバック

最大

50,000

見積もりご依頼

2024 02 29日まで
ログイン

外壁塗装と屋根塗装は同時にしたが本当にお得なのか?|リビロペイント

special feature
外装塗装の知っ得情報

屋根塗装・外壁塗装や相場費用、業者選び、色選びなどお客様が知っていると得する情報を記事にまとめました。

塗装専門家相談

注目の記事ランキング

外壁塗装と屋根塗装は同時にしたがお得?

外壁・屋根の同時塗装をおすすめする理由

一年を通して様々な環境の中、家は家族を守ってくれる場所であり、癒しの場所であります。しかしながら毎日浴びる紫外線、雨風などを受け厳しい条件下にさらされている外壁・屋根。これらに加えて経年劣化もあり、快適な暮らしのため家は定期的なメンテナンスが必要となります。


家の大がかりなメンテナンスは大体10~15年位といわれています。これは外壁や屋根が劣化し始める時期です。外壁も屋根も、表面が塗膜によって守られているのですが劣化することで塗膜の機能が低下し、壁の内部に雨水などが入り込み躯体である土台や柱を腐らせてしまう、といった事態になってしまいます。そのような事態を防ぐために外壁・屋根は定期的に適切なメンテナンスが必要となります。
外壁や屋根のリフォームは、工期が長いです。家の外での工事とはいえ施工中はなかなか落ち着かないものです。何度もするよりはできれば一度で済ませてしまいたいですね。
今回は外壁と屋根の同時に施工についてお話していきたいと思います。


外壁と屋根のリフォームは、大きく分けると「塗装」と「外壁の張り替え・屋根の葺き替え」になります。屋根におきましては、一般的に瓦と呼ばれるものは粘土瓦で、葺き替えは不要になりますが、その他の素材であれば塗装のタイミングで劣化が確認できたら葺き替えや塗装が必要となります。


外壁・屋根リフォームするタイミングは?

外壁の種類も様々で「タイル」「サイディング」「モルタル」…などがあります。
それぞれに特徴があり外壁材によってリフォームすべきタイミングは違ってきます。

一般的に塗装の目安として言われているのがチョーキングが発生してきます。チョーキングというのは、外壁を指で触ると、塗料が粉のように指についてしまう状態のことです。それ以外では外壁にヒビが入ったり膨れがでてきたり、また苔・カビなどの汚れが目立ってきたときが外壁塗装のタイミングだと言えます。


屋根は「瓦」「スレート」「ガルバニウム鋼板」…などがあります。屋根は瓦であれば一般的に葺き替えは不要です。どの素材でも補修が出来ないほどの劣化や築年数が長い住宅の場合は葺き替え工事をおすすめします。一般的に多いサイクルとして20~30年くらいに一度全面葺き替えが必要となることが多く、それ以外では一部の補修をするという傾向にあります。
屋根は普段目につきにくいところなので直接状態を確認するのが難しいです。目視で確認出来るような変化(瓦が落下または割れている場合)であればすぐに見つけることができますが、そうでない場合は家の内部から天井裏を確認して、雨水が侵入していないかなどの確認が必要になります。雨漏りまでしていなくても雨染みができていることがあります。屋根の防水機能が劣化しているサインかもしれないので一度専門業者に劣化診断をしてもらうタイミングと言えるでしょう。


このように外壁と屋根は劣化状況が違ってきますので、別々のタイミングで施工することもありますが、メンテナンス時期にあわせて同時に行う場合のメリット・デメリットを紹介していきます。

外壁と屋根を同時に塗装するメリット

別々に施工するより費用が安い

同時に施工する一番のポイントは費用面です。外壁と屋根塗装を別々で行うと塗装工事に必要な足場代や養生代はその都度かかることになりますが、同時に塗装を行うことで1回分の費用で済みます。(外壁・屋根のリフォームは高い場所での作業となるため足場代は必須と考えてよいでしょう)
一般的な住宅で想定した足場代の相場は15万円位~となっています。別々で行う場合、この費用が工事ごとに必要になってきます。また、外壁・屋根塗装の2回分必要になるはずだった交通費や駐車場代などの諸経費も、1回分の費用で抑えられます。
塗装工事は高額な費用が必要になります。


注意!
屋根材や環境などにもよりますが、一般的には外壁よりも屋根が先に傷んでくることが多いです。劣化状態をしっかりと確認せずに「足場代分が安くなるので、屋根工事のついでに外壁もしておきましょう」という強引なセールストークで同時施工をすすめてくる業者がいますが、実際はまだまだ外壁塗装は不要という場合もあります。
どれくらいの痛みなのか、施工の必要性などきちんとした劣化診断を出してもらい確認をするようにしましょう。

25坪 30坪 35坪 40坪 45坪 50坪 55坪 60坪


140,000円
210,000円
160,000円
230,000円
175,000円
245,000円
185,000円
260,000円
195,000円
275,000円
205,000円
285,000円
215,000円
300,000円
220,000円
315,000円

足場相場価格 【足場:仮設足場・飛散防止ネット・昇降階段】

防水機能の回復ができる

水と湿気が一番の天敵である外壁、屋根。
塗装の目的は外壁を守ることにあります。なかでも「防水」という点では塗装の持つ意味を多く占めています。

屋根・外壁の塗装を同時に行うことで、長い時間をかけて劣化してきた箇所をきれいに修復させることができますので建物の防水機能が一新され、保護機能の強化、住宅の劣化防止が期待できます。防水機能が強化されると壁材の腐食を防ぎ、カビの発生しやすい環境を作らなくします。
屋根塗装は見栄えの良さを維持・向上させるだけでなく、屋根の建物保護機能を回復する意味でも大切なポイントです。

メンテナンス時期を揃えられる

外壁も屋根も建物の耐久性維持と美観の観点から定期的な手入れが必要になりますが、外壁と屋根を同時に行うと次回のメンテナンス時期をあわせることができるので管理が楽になるのもメリットの一つです。


屋根は住宅を守る大切な役割がありますが、状態を目視しにくいことから気づいたときには劣化が進んでいたという場合もありますので定期的に点検をして適切なメンテナンスをしましょう。
外壁、屋根はなるべく同じ時期にメンテナンスが出来るように塗料を揃えることをおすすめします。
お見積もりの際に業者に外壁、屋根それぞれの塗料のグレードを確認されると良いです。

一体感のあるデザインが実現できる

澄みきった空の色に映える屋根と調和された外壁の色。
同時にメンテナンスすることで建物全体が美しく生まれ変わり新築の時の感動が蘇ります。

業者探しの手間が省ける

塗装工事は大きな出費になり、何度も行う工事ではありません。
そのため業者選びは大変重要です。業者選びの基準も「費用で決める方」「実例を参考にする方」「担当者の対応で決める方」「口コミ」など決め方はそれぞれです。
業者次第で仕上がりに差がつくとなれば、ますます業者慎重になり時間も労力もかかる作業となります。同時にすることでこの作業を一度で済ませることが出来ます。

また、塗装工事は工期がある程度かかります。その間、足場やネットを設置しなければならないですし、毎日業者が家にきて工事を続けながら家で暮らすというのは緊張感があるものです。
外壁・屋根塗装を同時にすることで業者選びの手間が一回で済み、業者とのやり取りや長い工事期間を一度で済ませることが出来ます。



外壁と屋根を同時に塗装するデメリット

出費が大きくなる

外壁・屋根塗装を同時に行うと、足場代などの費用が1回分節約できるメリットはありますが、一度に大きな出費となります。
お得になるからと必ず同時に施工するではなく、予算に合わせた工事を検討する必要があります。


同時施工をする場合はリフォームローンでの分割払いなど支払方法を事前に業者へ確認しておくとよいでしょう。

工期が長引く

外壁塗装、屋根塗装と2回分の工事を1回で行うので、工期は長くなります。

工期期間が長くなると近隣の方に迷惑をかけることもありますし、気分的にも落ち着かないことなどもありますので、工期が長引く場合のデメリットも考えてリフォーム計画を立てる必要があります。


気を付けておきたいこと!!


チェック1 :安すぎる金額に注意!
見積もりが安すぎても疑うことが必要です。
優良業者であればしっかりした見積もりが提示されると思いますが、悪質な業者の場合こんなに安いの?と不安になるような安い金額で見積もりを出してくることがあります。
安い金額でお客様の関心をひき、契約後、実際に塗装するときに3回塗りを1回塗りにして金額(塗料代)を浮かすといった可能性がでてきます。
いくつかの業者から見積もりを取ることで、塗装の相場価格は分かると思うので必ず相見積をとり内容を比較して悪質な業者に騙されないようにしましょう。


チェック2 :屋根のリフォームは追加工事が発生しやすい
屋根のリフォームの場合、提出された見積書では確認できなかった部分がいざ工事になってから出てくるというケースがあります。 現地調査の段階でしっかり状態を見ていても瓦を撤去すると下地が思った以上に傷んでいて全て交換しなければならないということがあります。 実際に確認できなかった部分の追加工事はあります。屋根のリフォームは目に見えていない分、特に追加が発生しやすいのでそのことを頭に入れて予算を組まれることが大切です。
※追加工事が出た場合
ただし見積書に記載されていない追加工事の場合は、口頭でのやり取りではなく必ず書面にて追加分の見積もりを提出してもらうようにしましょう。

まとめ

塗装のメンテナンスはおおよそ10年位を目安に行われています。
外壁、屋根を同時に塗装するメリットとしてデザインや色味の打ち合わせをまとめて行えますし、綺麗な外観に生まれ変わらせることができ、なにより建物に統一感が出ます。また外壁と屋根のリフォームを同時にすると1回の工事金額としては大きな出費になりますが、別々のタイミングで行うよりは足場代などが1回分の費用で済むことになり、その分の費用を抑えることが出来ます。
同時に施工する際に気を付けておきたいのが、外壁・屋根どちらもリフォーム時期であるか確認しましょう。建物の状態が良くメンテナンス時期ではない場合は無理に工事を行う必要はありません。お得だからという理由だけで必ず施工時期を揃えなくてもいいということです。信頼できる業者にきちんと劣化診断をしてもらいましょう。
 
正しいタイミングであれば、費用を抑え外観を美しく新築のように蘇らせるなど、同時施工することでメリットを最大限受けることができます。

お住まいの状態に合った最適なメンテナンスを行いましょう。

参考になった 2
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
image
外壁塗装の費用相場と塗料耐久性を詳しく解説!
記事を読む
image
屋根塗装・外壁塗装の見積書の見方ポイント!
記事を読む
最大50,000円キャッシュバック

見積もりご依頼 2024年229日まで

Review口コミ・お客様の声