今ならご成約特典

キャッシュバック

最大

50,000

見積もりご依頼

2024 04 30日まで
ログイン

杉板をキシラデコールで塗装 黒カビ発生は環境の影響でしょうか?|塗装のプロがあなたの質問・相談に答えます!塗装専門家相談

Consult
塗装専門家へ匿名相談

全国の塗装に関する質問を塗装専門店のプロがお答えします。

\塗装専門家に相談してお悩み解決!/
無料&匿名
専門家へ相談する
匿名で塗装のプロに
質問・相談しよう(無料)

質問タイトル

質問内容

塗装専門家相談ランキング

杉板をキシラデコールで塗装 黒カビ発生は環境の影響でしょうか?

2018/03/13 01:23

  • 閲覧数 38820人
  • 回答数 17件

2016年10月に新築した際に、外壁を杉板張りのキシラデコールやすらぎ塗装で施工しました。 1年程度で北面にのみ黒カビが発生し始めました。他の南面、西面、東面は発生していません。 工務店に言うと以下の回答でした。 外壁塗装についてですが、キシラデコールやすらぎの2回塗りを行っております。 当社では杉板の木目を活かすため刷毛等では塗らず、キシラデコールやすらぎを染み込ませた布きれで板全体を塗り、 色が付き過ぎないよう乾燥する前に一度拭き取り、再度表面に2回上塗り、拭き取りにて仕上げています。 キシラデコールの特性を理解していないような、回答で不安になっています。 これは、施工の問題が大きいでしょうか?それとも環境面の問題で仕方ないレベルなのでしょうか?

キシラやすらぎ

専門家からの回答 17件

塗装のプロがあなたの質問・相談に答えます!

キシラデコールは木材に十分に浸透させて防虫防腐効果を高める塗料なので、拭き取って表面だけ塗料の残った状態では、その効果は減退してしまいます。新築などの新しい木材で吸い込みの少ない木材を塗る時は、ダレ防止のために拭き取る必要がある場合がありますが、写真の状態を見るかぎり、その必要はなさそうです。刷毛で塗料を多く塗っても、キシラデコールは浸透性塗料なので、木目をつぶす心配はありません。相談者様のおっしゃるとおり、キシラデコールの特性を理解されてないと思います。

ひろの塗装店

キシラやすらぎさんから返信

ありがとうございました。プロの方の意見と同じで想いは確信に変わりました。工務店には自信を持って交渉致します。

全ての面にカビが発生しているのであれば、施工不良になりますが北面だけとなると構造上の問題(通常以上の湿度等)、写真を見る限りでは1年程度の劣化には見えないのですが今となっては難しい問題です、このままだと劣化が進み外壁の貼り替えも視野に入れるようになりますので、施工業者と平和的な解決を求めます。 *交渉は必ず文章又は記録する事が必要です。

キシラやすらぎさんから返信

ありがとうございます。記録しながら交渉致します。

キシラデ安らぎは新規塗装でも更新でも3回塗りだった筈です、夕食でもないから拭き取りしなくても良かったと記憶してますが、有色ではない分汚れや苔は目立ちやすく普段のメンテナンスとして塗装面をこまめに清掃し、汚れを落とすことをおすすめします。 ここで書き込む皆さんの意見を聞いても不安が残る場合はメーカーのHPを見たり、問い合わせをお勧め致します。

キシラやすらぎさんから返信

ありがとうございました。 キシラデコールメーカーに問い合わせ致しました。 回答は以下でした。 施工写真と状況から考えられる早期カビの原因。 ①拭き取り仕上げによる塗布量不足 ②外壁杉材の乾燥不足もしくは油分保持による塗料浸透不足 ③北面及び山裾である環境面(湿度高い状態) ④土や汚れの外壁付着によるカビ発生条件の充足。(栄養) ①②が施工に関する要因 ③④が環境要因 【対策】 いちど白木カビ取り材などで、カビを取り、キシラデコールやすらぎを再塗布する。木材の水分や油分が抜けているので浸透しやすく、キシラデコール本来の効果が見込める。

文中に誤変換がありすみません。 誤り「夕食」 訂正「有色」

こんにちは、宜しければご参考にして下さい。 新築時に外壁杉板生地仕上げとの事で木目を生かすために拭き上げることは間違いではないと思います、木部保護塗料だからと言ってベタベタ塗ってしまうと油艶で美しくはないでしょうから、作業内容も拭き取り仕上げとは言え3工程踏んでいるので全く効果が出ていないとは思えません、一点気になるのは乾燥する前に拭き取りをしているとの事で1回目の塗装は杉板自信が吸い込みがあるので塗料が流れ落ちない程度にしっかり吸い込ませてあげても良いのかなあとは感じました、 ただ、北面のみカビが発生している様子ですので作業内容が全く不適切とは感じません、竣工から1年とのお話なので工務店さんとお話しされて杉板のカビ除去後再塗装をハケ塗りで拭き上げずに2回塗りでお願いしてみてはいかがでしょうか。 北面とはいえ新築1年なので工務店さんも適切な対応をしてくれると思いますよ。

キシラやすらぎさんから返信

杉板の風合いを活かした外壁を採用する際に、ある程度は覚悟しておりましたが、早すぎると思います。  そういった作業を行う場合、良心的な工務店さんは無償対応範囲なのでしょうか?

こんにちは。 質問の回答ですが キシラデコールやすらぎの施工方法ですが 通常はふき取りはしませんので 施工に問題があると思いますが 木部は 規定の施工を行ってもカビやコケが生えやすい素材です。 しかし やすらぎをふき取りしている分 早くカビが生えたと思います。

キシラやすらぎさんから返信

メーカーに問い合わせたところ、その要因もあるようです。ありがとうございます。

ノアーズリフォームと申します。 その工務店の回答を見る限り、オイルステインと防腐剤を混同してしまっていますね。 オイルステインはウエスなどで拭き取り、クリヤーをかけて仕上げをしますが、 キシラデコールなどの防腐剤は刷毛で塗り、大量に染み込ませることで性能を発揮します。 工務店の担当者は無知なのか、それとも質問者様を丸め込もうとしているように感じます。 メーカーに問い合わせて回答をもらい、その結果を工務店にぶつけてみてはいかがでしょうか?

キシラやすらぎさんから返信

足立塗装様の返信に記載しておりますが、メーカーに問い合わせ致しました。工務店にぶつけてみたいと思います。

そもそもキシラデコールの寿命は2年足らずですよ!紫外線や微生物には大変弱い塗料です!そんなことも知らずに工務店に依頼した貴方が勉強不足ではないでしょうか?工務店の知識はそんな程度でしかないんですよ!儲かればなんでもするんですよ!貴方の大切な財産を食い物してる業者が沢山います。それを見分けるには貴方が業者を信じないで勉強すべきなのです。弊社の商品の中にキシラデコールより数倍の性能を持った塗料を持っています。

キシラやすらぎさんから返信

ありがとうございます。 液体ガラス塗料も当時検討しました。 質感でキシラデコールやすらぎを選びましたが、北側がこんな事になるなら、北側だけ液体ガラス塗装でも良かったかなと思います。

おかしなことばかりですね キシラデコールは木目を生かす塗料です。 木目を生かすために布に染み込ませて塗って、乾く前に拭き取る? はっきり言って意味が分かりません。 やすらぎですとほぼ透明な塗料なので 刷毛で三回くらい塗っても木目は出ます。 本来は一回目に木に染み込ませて防腐等の役割をさせ、二回目以降の塗りは木を保護する役割です。 ただ一つ木壁の欠点ですが、三年位でカビや変色が出てきます。 でも一年でその状況は当然クレームですよ? ちゃんと工務店等にお話されるのが良いと思います

小椋塗装

キシラやすらぎさんから返信

ご心配を頂きありがとうございます。ご意見心強く感じています。工務店さんと話し合って解決していきたいです。

ご質問拝見致しました。やすらぎですよね?やすらぎなら透明タイプなのではけ塗りした所で木目は消えません。又、1回目が乾燥してから2回目を塗装しなければ塗料が浸透せず正規の量は塗布されていないと思われます。北面という事で湿気、日当たり等他の面よりは条件が厳しいのですが、私たちの場合、逆に北面のみ3回塗りをしたりします。(色付きの場合は入りが変わる為無理ですが)これ以上カビがひどくなる前に洗いを掛けて再施工を早めにするべきです。尚、浸透性塗料(キシラデコール等)は通常の膜を表面に張る塗料よりは耐用年数が短いです。(条件により変わりますが5~7年程度)

キシラやすらぎさんから返信

対策まで提案いただき、ありがとうございます。おっしゃる通りだと思います。浸透性塗料はメンテナンスが大変とは承知しておりましたが、やはり質感に惚れ込み採用した次第です。 しかし、1年でこの状態はやはり施工に大きな要因があると思いました。

キシラデコールは刷毛塗りの材料だと思うので、染み込ませて塗るというのは、よく分かりません。ただ、キシラデコールを塗ったから、苔などが発生しないとは言い切れないものです。環境にもよると思います。現場を見てない以上、なんとも言えないのが回答です。

平井塗装

キシラやすらぎさんから返信

ありがとうございます。メーカー担当者様も環境面は要因として大きいとおっしゃっていましたが、施工方法も影響はしているとの回答でした。

回答させて頂きます。㈱マルキペイントの及川と申します。 まだ、新築で壁が黒ずんでいるのは不安になりますね! ただ、今回の問題は環境の問題であり、残念ながら工務店の問題ではありません。 また、杉を使った外壁ではこのような黒ずみは出てしまいます。 これは汚れというより、こういったものだと認識してください。 また、これが「味が出てよい」いう方もいらっしゃいます。 木を外壁に使われたのであれば、3年~5年でメンテナンスが必要です。 黒ずみを出したくなければ、毎年メンテナンスを行う方もいらっしゃいます。 ご期待に応えられる回答ではなかったと思いますが、ご理解して頂ければと思います。

キシラやすらぎさんから返信

ありがとうございます。少し写真が見づらいのですが、外壁には黒カビが発生しています。光による化学変化でシルバーグレイ色に変化するのは大歓迎です。むしろその経年変化を望んで無色の杉板を外壁に採用しました。

施工方法は問題はないと思いますが別の業者さんに相談してはいかがでしょうか

澤部塗装

キシラやすらぎさんから返信

はい。ありがとうございます。まずは工務店さんに話をして、検討頂くことになりました。

軒下から80センチ、勝手口まわりはマシなように見えます、軒出が短い様に感じます、雨の跳ね返りや窓からの結露の水分もある様に見えます、カビを落としてノンロット等撥水性のある塗料で小まめにメンテナンスをすればお金もそんなに掛らないし、脚立作業範囲ならご自分でもできるのかな、と思います、参考程度の回答しかできません、申し訳ございません。

寺井塗装店

キシラやすらぎさんから返信

ありがとうございます。ノンロットも性能良さそうですね。

あくまでも27年の職人として意見ですが、外部への木部塗装ては、あまり拭き取りをすることは、考えられません。木目を生かすにしても外部の木部は、乾燥されていますから吸い込みも早く拭き取らずとも木目は、出ると思われます。そして拭き取りをしてしまうと防虫防腐効果が弱まってしまう恐れも出てきます。けれど北面だけと言われていますので環境問題も大きな要因になっています。黒くなっている部分は、カビと考えられますので湿度が多ければ木部ですと水分を保持しやすいので、難しい状況では、有ります。直されたとしても又出てきてしまう恐れは、有ります。全体に出ているようでしたら業者の責任も有るかもしれませんが一面だけですと考えにくいので、通気性良くできればされて出来ない状況ならば行く行くその面だけでも外壁を別の素材に変更されるかこまめにメンテナンスされるしかないかも。役にたったかは、不安ですが精一杯考えてのお答えになります。

キシラやすらぎさんから返信

非常に誠意のある回答を頂き誠にありがとうございます。 北側はほぼ全面に黒カビが出ております。 おっしゃるとおり、環境面の影響は多々あると考えておりますが、工務店であるならばそこも考慮して塗装の施工管理をして欲しかったというのが正直な所です。 つまり、拭き取り仕上げではなく、北側だけはドブ漬けで塗装するなど経験値からの工夫が欲しかったところです。 工務店には、手配屋だけの役割ではなく、建築士としてのノウハウを求めていましたので、そこは残念に思いました。 本題に戻りますが、キシラデコールのメーカーに問い合わせた結果、再度の塗り重ねは有効であることを回答得ています。なので一旦は再塗装を依頼します。

おっしゃる通りですね。大切な財産となるお家を造る時に工務店が、アドバイスや職人に指示するべきですね‼私達もお客様の立場になりこれからも作業をしていきたいと再確認致しました。大切なお言葉ありがとうございます。

キシラデコールの施工は下塗材(透明)を塗り上塗り2回となっています。やすらぎは透明ですね。 透明な塗料ほど紫外線に弱いです。早く変色したり剝がれたりします。透明度が深いほど早く劣化するようです。木目を生かした着色塗料を選択しましょう。カビの問題は起きやすい問題です。特に陽の射さない面はカビの発生が起こりやすいです。カビを除去して防カビ剤を塗布しその上に着色の木部保護塗料を塗るようでしょう。

人気タグ一覧

最新の塗料の質問一覧

最新の塗装専門家相談一覧

最大50,000円キャッシュバック

見積もりご依頼 2024年430日まで

Review口コミ・お客様の声