塗装後の水膨れ|塗装のプロがあなたの質問・相談に答えます!塗装専門家相談

登録塗装店25,555店舗

Nさん

女性
Nさんよりご質問・相談|2018/07/23 19:56 view1284pv|回答数17|この質問・回答が参考になった人は0

塗装後の水膨れ

外壁塗装をした直後に水膨れができています。
業者は建物の経年劣化によるものでどうにもできないと言っていますが、本当でしょうか。
塗装前にはこのような膨らみはなかったと思いますが、ハッキリは分かりません。
塗装時に下地に不具合があるという報告は受けていません。
もし、塗装時からあったとすれば、そのまま上塗りするものなのでしょうか?
家は軽量鉄骨で支柱部分だとおもいます。
▼ 塗装専門家の回答▼
参考になった0
店舗ロゴ
ノアーズリフォームと申します。
写真を見る限り水が回っていると思います。
今回は平塗りの塗装ですよね?吹き付けはしていないですよね?
もししていないというのであれば以前から膨れていたか、新たに
漏水が発生したと思われます。もし初めから膨れていたのであれば
おそらく鉄骨の結露が原因でしょう。それに対する処置が必要です。
塗装は色を塗ってきれいにするだけではありません。
下地の補修がメインなのです。ネットなどで一式プランなどで安いのを
売りにしている格安業者や、塗装だけの知識しかない、いわゆるペンキ屋さんが
工事を元請けで一式施工するとこういう問題が起こることが多いです。
大手に頼んでいればこのようなことはまずないでしょう。しかし、大手は色々な
経費などがかかり工事にも莫大になります。
ですので、大手以外でそれだけの技術力がある業者を選定することが重要です。
今回の業者は対応できないのかもしれませんので、適切な業者に見てもらうことを
お勧めいたします。
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうごございます。
吹付はしておりません。
塗装したのは10以上の支店がある業者なのですが、技術力というところではどうなのか・・・。
鉄骨の結露が原因ということは言っていました。
結露するということが経年劣化によるものなので、対処のしようがない、このまま様子を見るしかないというのが業者の言い分です。
でもやはり処置は必要なんですね。
そのあたりの処置ができるのかも含めて、業者と話し合ってみます。
店舗ロゴ
今回の塗装の仕様はどうなっておりますか?(塗料名等)
写真が小さいので解りにくいですが、このふくらみはどういう状況で発生していますか?(降雨の後とか)
考えられる原因としてはあくまでも推測となりますが、上に塗られた塗料の乾燥による収縮又は溶剤型塗料等を使用して、既存の塗料を溶かしてしまっている可能性が有ります。
いずれにしても浮きは塗装時に確認できるはずなので発生した時点で施主様へ報告して後の対応を考えるものですが、最初から浮いているのであれば当然報告があってしかるべきですが、この症状はどなたが見つけられましたか?
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
塗料は関西ペイントのダイナミックトップです。
下塗は関西ペイントダイナミックフィラー。
塗装のふくらみは、塗装が終わったあとに家の周りをぐるっとみていて私が気づきました。
まだ足場がかかっている状態の時です。
業者からはこちらから言うまで何も話はなく、膨れていることにも気づいていなかった様子でした。
やはり塗装時に不具合があって報告がないというのはおかしいですよね。
店舗ロゴ
この写真とお客様情報だけでは、はっきりとしたことは申し上げられませんが、まず外壁塗装を行なったから、そのことが原因で雨漏りするといったことは考え難いと思われます。
塗装改修工事が起因で漏水がおこるケースは、
①屋根部改修塗装の際の亀裂・破損の見落とし
②屋根・外壁の開口部(サッシ等)周りのシーリング劣化の改修不良
③外壁面亀裂(クラック)の改修不良
④稀に、雨樋の不良
などが考えられます。
一概に建物の経年劣化のみで雨漏りが発生した、また外壁塗装を行った為に発生したとは
軽々に回答できません。
やはり、実際に現地調査(有償)を行わないと原因究明は難しいです。
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
漏水が起こるケースがわかり、大変参考になりました。
店舗ロゴ
下地塗りの乾く前に雨が降りませんでした?下地材料が乾く前に雨が降ると隙間から入った水で膨らむ事は良く有ります。
多分工事の際漏水の処理が出来ていません、この膨らみはカッターで切ると水が出て来ますのでその後補修すれば大した手間ではありませんけど、漏水は直した方が良いでしょう。
業者によりますが通常この程度の補修は無償ですが素人相手だと難しいと思います。
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
下塗りの時には雨は降っていませんでしたが、仕上げの時は関西で被害がでた大雨の翌日でした。我が家のあたりでもかなり降りました。

業者はカッターで切ると塗膜が傷み防水性がなくなるから、このまま(水ぶくれのまま)のほうがいいと言っています。
中に水が入ったままの方が建物への被害が大きいと思うのですが・・・。
補修ができるか、業者と話し合ってみます。

店舗ロゴ
白水ペイントより回答
初めまして。白水ペイントともうします。

写真みるかぎり、壁の劣化もあるとおもいます。
膨らみはカットして、治すことはかのうです。
けど、壁に水がまわってたりと色々理由により対策は考えないと
お客さんの大事な家が劣化がすすむこともかんがえれます。
塗装業者さんと話してなおしてもらうことをすすめます。工事のぶんで。
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
なんらかの対策はやはり必要なんですね。
補修をする方向で業者と話しあいたいと思います。
家の劣化が原因だからできることは何もないと言っているので、どうなることやら、ですが・・・。
店舗ロゴ
やはり鉄骨の結露ですか。
一度塗膜を全部剥離してガイナなどの断熱塗料
を塗ってから仕上げをする事をお勧めします。
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
そういう対処方法があるのですね。
とても参考になりました。
ありがとうございます。
店舗ロゴ
中里塗装より回答
どこのハウスメーカーのものでしょうか?
ダイワハウスで同じような症状は確認しております。
塗装業者の味方をするわけではありませんが、塗装前に異常がなくても塗装することで異常が発生することはあります。
ALCというタイプであれば蓄熱しやすいため塗膜が膨れることがあります。
また、塗料が弾性リシンや弾性スタッコの場合、熱で塗膜が膨れる現象が起きます。
その際は膨れを完全に除去してから塗装をするようにメーカーから指導されています。
故意的ではなく、そういったことを本当に知らない塗装業者はたくさんいます。
知らなかったでは済まされることではないと思いますが、あくまで今回塗装した業者に責任を追及するのは難しいでしょう。
だからと言って、何も対処しないというのも工事を担当した責任がありますので、しっかりと話し合いはするべきだと思います。
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
住宅はパナホームです。
故意での不具合ではないにしても、水ぶくれがわかった時の対応が不誠実で、いろいろと納得できずにいます。
業者との話し合いを続けて、納得できる着地点を探りたいと思います。
店舗ロゴ
既存塗膜浮きが最初から出ない場合、関ペのこの仕様は、水性型で有りながら高い密着力を持つ塗料ですので、既存塗膜が脆弱な場合、引っ張りに耐えられず浮き上がった可能性が見受けられます。
既存塗膜が弱っている場合は適切な下地処理が必要です。
これはプロとしては当然のことですので、経年劣化は当然の事なので、(だから塗装するのです)
言い訳にはなりません。塗ってしまった以上はがすことは出来ないので、毅然と補修を求めましょう。(下地補修もきちんと柄合わせもしてもらいましょう。)
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
家の築年数は伝えてあるので、古い住宅であることは業者もわかっています。
塗料は「うちはこれを使います」ということで、亀裂などに強いという説明くらいでした。
経年劣化があるから塗装する、そうですね!
補修の方向で業者と話し合ってみます。
店舗ロゴ
確かにこのままにしておけば自然に水が下に落ちてしぼむかも知れませんが、何時になるか?どの様になるかのの保証は出来ません、パッチワーク的な補修は出来ると思いますし防水性が無くなる事は有りません、常識のある業者で有ればこの程度の補修は想定内の事ですのでもう一度聞いてみてください。
大雨による漏水も心配ですが、逆に大雨でもこの程度なら許容範囲と思います。
多分この漏水を見つけて直す事はこの業者さんでは出来ないと思いますし、かなりの金額を請求さされるかもしれません、難しいかも知れませんが心配なようでしたらもっと信用のある会社を探した方が良いと思います。
ご参考になれば幸いですが、この状況のままにしたとしても建物に対しての影響は少ないです。
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
部分的な補修でも防水性は確保できるのですね。
建物への影響が少ないと聞いて少し安心しました。
業者は今のところ補修はできないの一点張りですが、いろいろ情報をいただき、対策が可能であることがわかったので、もう少し業者と話し合いを続けてみます。
店舗ロゴ
有限会社ONE-UPより回答
はじめまして 香川県で塗装業をしています。石原です
画像を拝見して僕なりの回答ですが施工業者の施工ミスですね
原因は旧塗膜の下地処理が不十分かと思われます。
他にも原因はいくつかありますが一番の原因はコレです。
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
下地は補修などはなく下地塗料を塗っただけだと思います。
塗料メーカーと一緒にもう一度現場確認すると言ってきたので、下地が適切であったかも聞いてみます。
店舗ロゴ
有限会社ONE-UPより回答
塗料(塗膜)には乾燥時に伸縮する性質があり改修塗装時には密着が弱っている塗膜を除去してから塗装する必要があります。

なので僕の思う展開は、旧塗膜(膨れは無いが密着の弱っている)上に塗装した事により新塗膜が伸縮し旧塗膜を引き起こし膨れを起こす。だと思います。

後、画像では分かりにくいのですが、旧塗膜がスキンと言う材料の上に塗装してたとしたら他の所も膨れる可能性があるので塗料メーカーさんに確認してみて下さい。

基本スキンの上への塗装は出来ませんので
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
築年数が35年になるので元の塗装はよわっていたと思います。
15年くらい前に1度外壁塗装をしていて、その時の塗料がなんだったか。。。
店舗ロゴ
Nさん遅れましたが回答させていただきます経年劣化であれば業者が最初から手をかけてどうにもできないと言うことであれば業者が新しくする話を持ち出しても良いと思われます、
業者の見落としと思われます、密着性の下地材を塗ることが基本と思われます、仕事ですので直すのは当然かと思われます、業者が劣化であるとおっしゃっていますのでわかってて塗装をしたと思われます、繰り返しますがサンダー及び下処理をきちんとやり直ししてもらったほうが良いと思われます?
店舗ロゴ
Nさん遅れましたが回答させていただきます経年劣化であれば業者が最初から手をかけてどうにもできないと言うことであれば業者が新しくする話を持ち出しても良いと思われます、
業者の見落としと思われます、密着性の下地材を塗ることが基本と思われます、仕事ですので直すのは当然かと思われます、業者が劣化であるとおっしゃっていますのでわかってて塗装をしたと思われます、繰り返しますがサンダー及び下処理をきちんとやり直ししてもらったほうが良いと思われます
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
外壁塗装ついてあまり知識がなく、下地処理等の確認をしなかったので、きちんと調べてから行えばよかったと思います。
業者と来月話し合うことになっているので、どういった対処ができるか、いただいたご意見を参考にやり方を話し合おうと思います。
店舗ロゴ
イズミ塗装より回答
塗料と外壁の相性によって、「塗膜の膨れ」が起きる場合があります。

まず一般的な回答で申し上げますと、以前の塗装で「弾性塗料」を使用している可能性があり、「弾性塗料」は一言で言うと「ゴム」みたいなもので、熱に弱く、熱で伸びる性質を持っています。
ですので、可能性としては外壁と塗膜との間で「熱膨張」が起きたために画像のような「塗膜の膨れ」が起きているのではないかと思います。

また、以前の塗装から年数が経過していると「外壁」と「塗膜」が離れてきて、その隙間に入っている空気が外気により温まり、「熱膨張」を何度も引き起こすことで、「塗膜が元に戻らない」という状態になり、見た目には「水ぶくれ」のような「中に何かが入っている」ように見えます。

新たに塗装する場合に「塗膜の膨れ」があった場合にはまず、剥がした上で「補修」してから塗るというのがプロの仕事かと思われます。

また、「経年劣化でどうにもできない」ということはありません。あくまでも躯体ではなく、「塗膜」の問題なので、むしろ「塗装屋」が専門としている分野です。
店舗ロゴ
イズミ塗装より回答
書ききれなかったので、前の文章の続きになるのですが、

私自身「塗装屋は下準備が一番大切」と考えています。「塗ってしまえばわからない」と考え仕事をしている塗装屋さんが少なからず世の中にはいます。

残念ですが、割とそのような業者さんは多くいるのかなと個人的な感覚では思っており、これから先「どこの塗装屋を選ぶべきか?」と考える際には「しっかりと施工手順について説明してくれるか?」また「下地処理の重要性について話してくれるか?」といった点を一つポイントとして覚えておいていただけたらと思います。

最後に質問に関する答えですが、「経年劣化の可能性はあるものの、塗装時に膨れがあったとすれば、塗装屋としては真摯に対応しなくてはならない施工不良である」と言えます。

長くなってしまいましたが、私の塗装屋としての観点と致しましてはこのような意見でございます。参考になれば幸いです。
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
近所で同じ業者が数棟塗装して問題なさそうだったので、頼んだんですが、今思うと「任せてください」だけで詳しい説明がなく、こちらも勉強不足でした。

来月、業者の担当だけではなく上司もきて話し合うことになっているので、きちんと補修してくれるよう要請しようと思ってます。
店舗ロゴ
澤部塗装より回答
他の塗装屋さんに相談してみては如何でしょうか
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
今後の展開によって考えたいと思います。
店舗ロゴ
 これは、下地処理不良による完全な施工ミスです。膨れは漏水による水膨れです。施工業者は瑕疵担保責任を負いますので2年以内に施工した不備は修復する義務が有ります。これを拒否するような業者は悪質業者となりますので修復出来ますが、原因が何処からの雨漏りかを突き止める必要が有ります。漏水部しか映って無いので調査が必要ですが、笠木、小庇、大屋根などの防水不足により良くこういう事故が起きます。第三者を交えて(1級建築士、保険屋、弁護士)相談解決した方が良いと思います。
Nさんよりコメント:
ご回答ありがとうございます。
瑕疵責任があるのは知りませんでした。
消費者センターに相談し、会社からの文章での回答を求めて提出待ちをしています。
今後の状況によっては弁護士等への相談も考えたいとおもいます。

最新の塗装専門家相談一覧

回答数 相談内容 参考になった人 閲覧数
0 回答
外壁への光触媒塗装

外壁仕上げがサイディングの上にアクリルリシン吹付仕上げですが、その上に光触媒を吹いたら効果はそのようなものか?

Hiropapaさんよりご質問・相談|2018/09/10 09:59
2
238
5 回答
シーリング材料の件

オート化学のシーリング材料オートンサイディングシーラントが昨年の12月にリニューアルされていますが今回、リニューアル前のシーリング材であることが空があり確認しました。ホームページにも改良点が出ており、工事が終了してから気がつきました。メーカーに問い合わせ中で今週、報告があります。 普通に考えてリニューアル前の製品は安いかと思います。 また、今回外壁を塗る予定でしたが途中でシーリングと屋根、その他の塗装だかに変更しました。ですが、シーリングの色はグレーの壁色に合わないのを塗られてしまい文句を言うと別の塗料を塗るとのこと。 このような対応に全く信用できなくなり水回りのリフォームをキャンセルしました。 シーリング材はリニューアル前と後で値段が下がりますか? オートンサイディングシーラントの上から塗る事でシーリングのデメリットを教えてくださいませ。

くみしさんよりご質問・相談|2018/09/03 08:38
0
217
9 回答
外壁、屋根塗装の塗料について

外壁の窓枠にクラックがあり先日見積りを出してもらいお話を聞きました。壁のクラックにはVカットを行いタテイルαサンクールでの塗装(4度塗り)をすればクラックは入らない。耐久20年位と言われました。まだ新しい商品らしくネットでの口コミが少なく良く分かりません。実際この商品どうでしょうか?

たくみゆさんよりご質問・相談|2018/08/30 15:08
1
591
8 回答
窓ガラスとサッシのコーキングについて教えてください。

窓ガラスとサッシをつなぐシリコンシーリングの部分が長年の結露でカビてたので、 先日ガラス屋の方に古いシーリングを削って新たにシリコンシーラントでコーキングしてもらいました。 ちなみに、画像3の様なタイプの腰高窓で屋内側のみコーキングし直しました。 しかし、作業したのが新人さんだったため、画像1の様にガラス面と、画像2の様にアルミサッシ部分に薄いシーリング膜がはみ出たり、表面が波打ったりして失敗しました。 そこで相談します。 1.ガラス面にはみ出たシーリングとアルミサッシにはみ出たシーリング(油分も含めて)を剥がすには、それぞれどんな道具(ヘラやカッター、剥がすための液体など)を使うべきでしょうか? なるべくなら完全に取り切れて、且つガラスやサッシが傷つかない道具がよいです。 また、全くの素人なので具体的な会社の商品名を教えてくださると助かります。 (なぜ依頼する側の私が聞くのかというと、同じガラス屋の他のベテランの人にやり直しの相談した時に その人は薄いシーリング膜の部分をカッターのみ使って剥がす様な感じだったので、ガラスやサッシが傷つくのが嫌で、こちらからヘラや洗剤の使用を提案しようと思ったので。) 2.上記の様な道具をどう使ってシーリングを剥がせばよいでしょうか? ガラスやサッシを傷つけずに完全にシーリングを取り除きたいで、詳しい手順について教えてくださると助かります。 3.こちらから提案してもカッターのみ使うなら、ガラス屋ではなくコーキング業者にやってもらおうと思うのですが、ネットで「コーキング業者」と調べると水回りや防水工事がメインで、窓であっても窓周りの外壁や目地がメインで、窓ガラスとサッシのコーキングは書いてません。 ガラス屋じゃなくてもコーキング業者でよいのでしょうか? それではよろしくお願いします。

鈴原さんよりご質問・相談|2018/08/25 15:39
1
354
17 回答
塗装後の水膨れ

外壁塗装をした直後に水膨れができています。 業者は建物の経年劣化によるものでどうにもできないと言っていますが、本当でしょうか。 塗装前にはこのような膨らみはなかったと思いますが、ハッキリは分かりません。 塗装時に下地に不具合があるという報告は受けていません。 もし、塗装時からあったとすれば、そのまま上塗りするものなのでしょうか? 家は軽量鉄骨で支柱部分だとおもいます。

Nさんよりご質問・相談|2018/07/23 19:56
0
1284
2 回答
天井の化粧合板と壁の化粧合板に塗装をしたい

築40年の家を買いました。和室の天井の化粧合板(木目模様)と壁の化粧合板を白く塗装したいのですが、ノボクリーンはどうでしょうか?その際シーラーはどれを使えばいいでしょうか?塗装方法、注意点も教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。※他にお勧めの塗料ありましたら教えてください。

メソメソさんよりご質問・相談|2018/06/18 14:59
3
617
14 回答
明日屋根塗装(下塗り)してもらいたくない

高圧洗浄は先週末に済み。 今日は深夜まで雨、明日は一日曇りの予想。 施工管理者は「明日は午後から屋根の下塗り予定」 と。雨の吸い込みが心配と伝えても、 「午後なら多分乾いてます。確認してからやります」と。 プライマー塗っていません。 妥当ですか?どう伝えたら中止してもらえますか? 結局強行されそうで不安です。

ぽんさんよりご質問・相談|2018/06/06 18:48
9
1369
11 回答
外壁の高圧洗浄により部屋の中がびしょ濡れに……

外壁洗浄をしてもらったのですが窓枠から水が部屋の中に入ってマット&布団や床&壁紙とかがずぶ濡れになってしまいました業者に説明を求めても窓を開けてませんでしたか?とか家が古いから隙間があったんですかねぇ……とかまるで他人事です😞これからどう対処していったら良いですか……

けんけんさんよりご質問・相談|2018/06/03 19:40
11
1720
11 回答
コーキング材が契約とは違う場合の対処

オートンイクシードで契約したはずが、実際はニッペパーフェクトNBというコーキング材を使われました。こちらは、サイディングの継ぎ目のコーキングが切れて、雨漏りが発生しているという事で、良いコーキング材があるという事で、イクシードに決めたのに実際は契約していない物を使われてしまい、すごく困っています。まだ残金は支払ってはいません。施工会社には、どう対応したら良いのでしょうか?

ダンボさんよりご質問・相談|2018/05/14 19:08
4
1400
10 回答
基礎部分は素人でも、塗れますか?

壁はまだ大丈夫と思いますので基礎部分だけでも素人の私ですが、塗装出来ればしたいと思ってます。指定の塗料、手順、方法を教えて頂きたいです。

テツさんさんよりご質問・相談|2018/04/22 14:43
6
782
匿名でOK!塗装の専門家へ相談しましょう! 塗装専門家へ相談とは?
塗装専門家へ相談とは? ×
塗装専門家相談
塗装に関する疑問・質問・相談を全国の塗装店がお答えいたします。もちろん匿名・無料でご利用頂けますのでお気軽にご利用下さい。

また、ご質問頂いた内容とご回答は下記のページに反映されます。

塗装専門家相談の一覧はこちら

※メールアドレスでのご連絡通知機能もあります。
タイトル

「選んで・比べて・安くなる」国内最大級の塗装専門店のご紹介サイト リビロペイント

リビロペイントは屋根・外壁塗装の塗装専門店が探せる日本最大級の検索サイトです。全国の25,000店舗以上の塗装店の口コミ、価格、施工例、ブログをチェックして理想のお店を探す事ができます。さらに、業界初となる匿名塗装WEB見積書システムで、評判の良い塗装店を3ステップ入力のみで見積書をWEB上で受け取ることができます。また、塗装専門店に特化したサイトであるため、従来の元請けや下請けの中間マージンが発生しない塗装会社のみで比較検討することができます。リビロペイントは、「もっとベンリに、もっと楽しく」をモットーに外壁塗装工事を希望するお客様と塗装専門店のベストマッチングをサポート致します。
リビロペイントの「4つの特長」
  • 特長 1 全国の25,000店舗以上の塗装店情報を掲載!口コミ・施工例・ブログ等をチェックできる!
  • 特長 2 業界初の匿名塗装WEB見積りでマイページ上に塗装店から見積書が届く。
  • 特長 3 塗装のプロに匿名で相談ができる!質問・相談に全国の塗装店が答えるので安心。
  • 特長 4 リビロペイントを利用してご成約頂いた場合、お祝い金として最大5万円をキャッシュバック